ブレーキの記事 (1/1)

衝突被害軽減ブレーキについて


「ぶつからないクルマ」
「事故らないクルマ」

最近色々出ていますよね。
恐らく新車購入時の一つのポイントでもある
『衝突被害軽減ブレーキ』について

実際には、衝突被害軽減ブレーキはその名の通り「被害軽減」を目的としていますので
決してぶつからないクルマや事故らないクルマではありません。

でも、あのCM見たら一般の方は先のような誤解をしてしまいますよねぇ
しかも、各メーカーや車種毎に機能が違うので余計に誤解を招きます。
同じ業界にいる者としては、ああいうのは嫌です。残念です。

大雑把に言うと、制御方法には
レーザーやレーダーをメインに制御するタイプと
これにカメラを備えるタイプの2方式があります。

軽自動車や小型車に普及しているのは
レーザーやレーダーをメインに制御するタイプです。
5万円くらいのオプションで設定されているのは
大抵はこちらのタイプです。

車種によってはこのタイプでもやたらと高額なのがありますが
どうなんでしょうねぇ?T社さんw

ハッキリ言って、こちらのタイプは事故ります…っていうと語弊がありますが
このタイプはシステムが作動する場面があまりにも限られてるんです。
例をあげると
・ガードレールはダメ
・金網や柵はダメ
・原付きやバイク、自転車、人はダメ
・前方車のブレーキランプが片方消えているような状態はダメ
等などです。

このシステムが採用された初期には
納車前に「万が一事故ってもシステムのせいには一切しない」
ってな内容が書かれた用紙にお客様から事前に一筆もらうなんて
とんでもないメーカーがありました。

もう、無茶苦茶でしょ?呆れますよね?
そんなに自信が無いシステムなら売らなきゃいいのにと思いますが…
悲しい話ですよね、S社さんにD社さん

私は誤解が無いようにお客様には
「真後ろからの追突ぐらいにしか反応しないと思って下さい。」
とご説明をしています。
例え反応しても、速度が30㎞以上だと殆どの場合は追突します。

「え?そんな程度なの?」
とみなさん驚かれますが、冷静に考えてみてください。
5万円程度の安全装備なんです。
その程度の性能しか無いんです。
色々は無理です。
正直、5万円のお守りです。無いよりかはマシくらいです。

個人的にはこんな程度の安全装備ならドライブレコーダーで
事故後の対応に備えてお金を遣う方が有意義だと思ってます。
なので、実際にお勧めしています。

対して、アイサイトに代表されるカメラを備えるタイプは
高性能なので先のタイプと比較すると色々なシチュエーションに
対応するようにはなっています。
当然ながら、価格もそれなりに高額です。
それでも、完全に事故を防止する機能ではありません。

これらの機能比較を数値化した
『独立行政法人自動車事故対策機構』
によるサイトがこちらです。
http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_all.html
ご興味のある方は是非、ご覧ください。
高級車でも意外と低い評価に驚かれますよ。


で、意外と日産車がスゴイんですよねぇ
フーガに至っては国産高級車では唯一無二、
性能ではアイサイトと同等以上の安全技術と思います。
こと安全性能に関しては、クラウンはおろかレクサスよりも
遥かに上です。

嵐さんのCMも良いんですけど、こういう高い技術をもっとアピールする方が
いいんじゃんないですか?
もったいないなぁ~ってCM見て思います。

あ、ちなみに私は日産贔屓じゃないですよ。
お店には日産の看板が大きく上がってますがw
プライベートでは日産車には乗ってないんでw
スポンサーサイト