FC2ブログ

究極の新車購入方法とは?

究極の新車購入方法と大袈裟に言ってみましたが、理由は購入側は勿論ですが、販売する側にもメリットがあるからです。

その方法ですが以下の通り極めて簡単です。

1.当社の2.9%低金利プランで120回分割支払い方法を選択します。
2.30ヶ月目に買取店にて査定をしてもらい、買い取ってもらいます。
3.残債をクレジット会社に返済し所有権を解除してもらいます。
4.新たに2.9%低金利プランで120回分割支払い方法で新車を購入します。
5.30ヶ月目までに買取店にて査定をしてもらい、買い取ってもらいます。
6.残債をクレジット会社に返済し所有権を解除してもらいます。
7.この購入方法を30か月ごとに繰り返します。

いくつか購入に当たっての注意点はあるんですが、手順としては実質は2つだけです。
低金利プランが組めれば、誰にでも実行可能です。
余りにもアッサリした内容だと「ホンマかいな?」とお疑いの方も多いと思うので、次にポイントを解説します。

重要ポイント「鉄板人気車種を選ぶ」

兎にも角にも、絶大なる人気を誇る「鉄板モデル」を選択すれば、それだけ30ヶ月後の買取査定は高くなります。
よって、購入車両は人気車の人気グレードもしくは最上級グレードにしておくことが最重要ポイントです。
軽自動車ならN-BOX、高級ミニバンならアルヴェル、中型ミニバンならノア・ヴォクシー、セダンならプリウス、小型ハッチバックならアクアでしょうか。
その上で人気のボディ色であるホワイトパール・シルバー・ブラックを選べば更に間違いないです。

また、人気車種であれば買取査定額とクレジット残債との差額を最小限に抑えることが出来る上に、走行距離や車両状態等で買取店によっては、残債と同額、もしくはそれ以上の査定金額になる可能性も十分にあります。

次に30ヶ月目までにクルマを手放すメリットを項目ごとに挙げてみます。
沢山ありますよ~

維持費

▼3年のメーカー保証期間内なので、エンジンオイル等の消耗品以外は定期点検ぐらいしかメンテナンス費用がかからない
▼36ヶ月目の車検という高額メンテナンス費用を一切支払わずに済む
▼最新のエコカー減税に対応する車種を購入可能となり、毎年の自動車税が安くて済む
▼最新の燃費性能でガソリン代を抑えることが出来る
▼最新の安全性能で万が一の事故でも安心な上に自動車保険が安くなる
▼自動車保険に設定されている新車割引を継続して受けられる

買取査定が高額

▼初度登録から3年未満の高年式車は中古車市場の流通台数が極端に少ない
▼購入から30ヶ月程度であれば、人気車の買取価格が急激に下落する可能性が非常に低い
▼「車検受け渡し」の販売方法を取らずに済み、中古車業者にとっても販売の手続きが簡単
▼買取後に万が一不具合個所が見つかっても、メーカー保証期間であれば無償で修理が可能
▼メーカー保証付き中古車は購入される方に安心感があり、中古車市場で多少高い値付けでも売れる

『所有権解除』が簡単

▼車両を手放す際に必要となる残債の振込み・所有権解除等の手続きを買取業者がしてくれるので楽
▼買取査定金額がクレジットの残債に満たない場合には、クレジット会社指定口座に不足分を振り込むだけのお手軽さ

新車購入時

▼頭金0は別として、無理やりに保険や貯金を切り崩して頭金を捻出する必要が無い
▼30ヶ月毎に同じお店で新車購入する→上得意客になる→新車購入時に通常以上の値引きが見込める
▼30ヶ月程度なら極端な不人気色でない限りは買取金額に大きな差が出ない為、好きな色が選べる
▼2.9%&120回分割で月々の支払い金額を相当低く抑えることが出来る→余裕があるので一定金額の貯蓄が可能→新車購入時の頭金に充てられる

勿論、いくら人気車種とは言え、購入車両の金額が高ければ高い程、新車購入時の価格と30ヶ月後の査定額との差は大きくなりますので、その点だけはご注意くださいね。
まあ、当社でも高額車両を購入されるお客さまって、値落ちには無頓着な方が多いんですが。

スーパースポーツカーや台数限定の希少人気車なんかだと、新車購入時の価格を上回る査定額がつくこともあるようです。

一般的には、軽自動車をお考えの方やクレジット設定金額を200万円程度にお考えの方なら、まさに究極の購入方法と言えるのではないでしょうか。

例えばN-BOXカスタムだと

こちらのページで試算したN-BOXだと、200万円で月々19,200円のプランで30ヶ月目の残債はおおよそ155万円強です。

さて、今の中古車市場を見てみると28年式車は旧型モデル(現行モデルは平成29年9月販売)にもかかわらず、店頭相場は155万~165万とかなりの高額です。
これが不人気車の三菱eKスペースカスタムなら20万近くも下がりんですから、泣けてきますよね。
因みに、23~24年式の車両って、高いものだと140万近くで売られています。
この年式でこんな値付けが出来るなんて、N-BOXオバケ車です、鉄板過ぎますよ。

軽自動車の中古車に仕入金額の20万も上乗せされることはまずは無いかと思うので、買取金額は少なく見ても135万~145万円、残債との差は20万を切るくらいでしょう。

もし、貴方が現行販売モデルを購入してモデルチェンジ前にあたる30ヶ月後に買取査定を行えば、この差額は10万を切る・・・いや、同額以上になるかもしれません。

どうでしたか?
残クレなんてバカバカしくなってくるでしょ?
現金一括も勿体なく思えてきますよね。

さてさて、究極の新車購入方法いかがでしょうか。
勿論、30ヶ月で手放さなくても、少ない負担でじっくりと愛車に乗り続けることも出来ます。
人生何があるか分かりませんから「想定外」はこの瞬間にも訪れるかもしれないですし。

高槻・上牧・島本・山崎・長岡京でクレジットプランでの新車購入をお考えのみなさま、是非、お気軽に当社にご来店ください。
残クレとの相見積り、大歓迎です!
スポンサーサイト
検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR