FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シトロエンDS3ご入庫

シトロエンDS3ご入庫です。

IMG_0332.jpg 
遠方の中古車業者よりインターネットにてご購入のおクルマとのことです。
車両の配送を代行業者に依頼し、自走にて搬送中に警告灯が点灯。
エンジン不調で当社に持ち込まれました。

IMG_0330.jpg 
既にシトロエン正規ディーラー診断機により、4気筒の内の1つが失火しているとの見解。
当社でも改めて、ボッシュ社診断機にて点検を行い、やはり失火していることが確認出来ました。

エンジン不調の場合、診断機での診断後に整備士による点検作業をスタート。
まずは、エンジン基本の3大要素が正常であるかを疑います。
⚫ 良い混合気 
⚫ 良い圧縮 
⚫ 良い火花 
それぞれを部品脱着、燃料噴霧状態、圧縮計測等の様々なチェックをした結果、シリンダーヘッド周辺に致命的な損傷、亀裂が発生していることが症状の原因かと思われます。

ただ、この故障発生要因を確認する点検作業の中で、前オーナーさまが相当費用をかけてインジェクターをはじめとした部品交換を行っている様子でした。
恐らくは様々な修理の結果、症状の改善が見られない為に手放されたのでしょう。

症状改善にはシリンダーヘッドを含む周辺部品の交換が必要となりますが、部品だけでも40万近くに達する高額修理です。
勿論、現オーナー様さまはそこまでの
高額修理は到底考えられないとのkとでしたので、別の修理方法を模索します。

今回は整備業界の神様として有名な「小山自動車」さまに相談をし、お勧め頂いたシリンダーヘッド周辺の冷却水漏れに特に効果のある漏れ止め剤を注入し、3,000キロ程度走行後に再度点検させて頂くことになりました。

インターネットでの輸入車の中古車購入はまだまだ難しいものがありますね。
当社では正規ディーラーさまの在庫車の中でも、間違いの無い中古車をご紹介させて頂くことも可能です。

毎度ご入庫頂きまして、誠にありがとうございました。

高槻・上牧・島本・水無瀬・山崎・長岡京にお住まいのシトロエン車オーナーのみなさま、是非、お気軽にTAC高槻オートをご利用下さいませ。

スポンサーサイト
検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。