FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸入車のバッテリーについて

輸入車のバッテリーについてご案内をさせて頂きます。
当社はボッシュカーサービス加盟店ですので、基本的にはボッシュ社製のバッテリーをお勧めさせて頂いております。
また、㈱ヤナセさまとも提携をしておりますので、ヤナセブランドのオリジナルバッテリーである「ヤナセ オリジナル ユーロバッテリー」をお勧めする場合もあります。
どちらの商品も、在庫&品質管理が適正に行われている商品です。
05082254_518a59245b6d3.jpg 
対して、ボッシュ社製バッテリーの同型がネット通販で「格安」販売されている商品をご購入されて、持込み取付をご要望されるお客様のお問い合わせがあります。
当然、当社は持込み可能ですので対応させて頂いております。

このような格安商品が何故にあるのでしょうか?
実はバッテリーは季節商品でもありますので、その時期にメーカーから大量(数十個)に購入すると、通常価格よりも割引された金額での購入が可能となります。
そうして、大量に購入された業者さまがネットにて「格安」通販をされているのが大半かと思われます。

これらの商品は当然ながら業者さまにて大量在庫となります。
バッテリー性能が低下しないように適正に品質管理されたメーカーの専用倉庫に対して、一般的な倉庫にて保管されていることでしょうから、バッテリーに劣化が生じるのは間違いないでしょう。
そうして、劣化した本来の性能を持たないバッテリーは果たして「格安」なのでしょうか?

現代のクルマは車両のあらゆる箇所にセンサーが設けられています。
センサーが感知した異常は電気信号情報でECUと呼ばれるエンジンコントロールユニットに送られます。
ECUはセンサーからの情報を常にデータとして管理保管し、必要であれば修正、車両の運行に支障のない状態を維持管理します。
もし、バッテリーから十分な電力が供給されていない場合、ECUやセンサーが誤作動を発生、警告灯の点灯やエンジンパワーダウンによる緊急停車を促すようにもなります。
日本の法定速度域を遥かに超える高速走行が、日常的となる欧米を出身国とする輸入車では、この症状が国産車と比べて顕著に現れます。

繰り返しとなりますが、本来の性能を持たないバッテリーは果たして「格安」なのでしょうか?
輸入車オーナーの皆様には「本当の意味で適正価格」のバッテリーのご購入&取り付けを是非ともお考え下さいませ。
スポンサーサイト
検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。