FC2ブログ

「大阪維新の会」田中てつや島本町長候補さま、池下卓大阪府議会議員さまからのご返信内容

3月18日に島本町高浜公会堂にて行われた「大阪維新の会」さまのタウンミーティングに参加して参りました。
その際に、上牧の171号線沿いに建設計画のある『特別管理産業廃棄物』の焼却炉施設について質問をさせて頂きました。
質問の内容は重複していますが、以下の2点です。
「このような施設の建設をご存知でしょうか?」
「ご存知であれば、何か情報をお持ちでしょうか?」

これに対して、田中てつや島本町長候補さまからは上牧駅前での選挙演説の際にて
施設の反対運動をされている方から直接チラシを受け取っており、既にご存知とのことでした。
また、以前に当社にご挨拶にご来店された際に手渡した資料(反対運動をされている方々のHPやブログから抜粋)もご覧になっていただいていたようです。
加えて、高槻市議会議員さまにも既に問い合わせをして頂いていました。

その内容は次のとおりです。

・この種の施設の建設の際には「環境アセスメント(環境影響評価制度)」の手続きが必要
・高槻市議会の承認が必要
・現状では、事前協議も始めていないとのこと

ただし、都市クリエイトさまが建設予定の焼却処理施設は高槻市が導入する
「環境アセスメント」の対象には入らないと思われます。

そこで、同日中に大阪維新の会、松浪ケンタさま、池上卓さま、田中てつやさま、各々のHPの質問欄に次の内容の質問を送信しました。

お忙しいところ失礼します。
本日の高浜公会堂にて開催されたタウンミーティング、お疲れ様でございました。
その際、上牧・五領地域に建設予定の焼却炉施設について質問させて頂いた者です。
「この種の焼却炉施設の建設の際には、必ず環境アセスメントが適応される。」とのお話でしたが、
都市クリエイトさまによると、この焼却炉は環境アセスメント対象外となるようですが、いかがでしょうか?
高槻市HPに記載の環境アセスメントの対象となる産業廃棄物処理施設は
1.一般廃棄物処理施設
処理能力が100t/日以上のごみ処理施設(溶融の方法により処理するものに限る。)の新設又は増設
2.産業廃棄物処理施設
埋立処分の用に供する面積が2ヘクタール以上の最終処分場の新設又は増設
とあります。
以前に、開催された地元住民さまへの説明会の際に都市クリエイトさまの説明では処理能力94.5t/日とのご説明だったようです。
そうなると、本日、田中様にご返答頂いた環境アセスメント対象となるとのお話とは異なるようですが、いかがでしょうか?
「特別管理産業廃棄物」の場合には、一般産業廃棄物と異なり、処理能力に限らず焼却炉施設の建設には
環境アセスメントが適応されるとのことなのでしょうか?
それとも、ご返答頂いた内容及び情報には誤りがあったのでしょうか?
誠にお手数ではございますが、ご返答をよろしくお願い致します。

これに対して、早速、翌日に田中てつや島本町長候補さまより、以下の通りのご返信を頂きました。

ご質問について、お答えします。
十分な行政情報を得られていない中、不明確な答弁をし、誤解を与えてしまったのかもしれません。
環境アセスについては、私は、市都計審、府都計審の案件であると仄聞していたことから、
そこに環境影響に関する図書が添付されると考え答弁しました。
アセス法・条例に基づくものか否かについては、不知でしたのでその点は誤解を与えたと今思っています。
すみません。
都計審案件としても、施設対象都計かどうか等の確認ができていない中での答弁でした。
事案が具体化する場合には、都計審で都計法に基づく手続き・審査が行われることになります。
なお、高槻市議への確認では、現在、事前相談の段階との情報です。
現時点、どこまで情報を得られるかわかりませんが、高槻市も不適切な対応はしないはず、
引き続き収集に努めます。
てつや 拝

そして、昨日の3月24日に池下卓大阪府議会議員さまからもご返信を頂きました。

ご返信が遅くなり申し訳ありません。大阪府の担当部局に確認をさせていただきました。
田中候補予定者にも同じことをお伝えしています。
まず、環境アセスメントにかからないのではないかという問い合わせについてです。
事業者側の処理量が95トン/日、重油の燃料4㎘/日 ということです。
大阪府の環境アセスメントの基準は 処理量100トン以上/日、燃料3.7㎘/日 
よって大阪府の環境アセスメントの対象外になります。

しかし、中核市である高槻市の環境アセスメントの基準は独自に大阪府より厳しいものを設定しているとのことです。
高槻市は対象である「工場および事業場の親切及び増設の事業」にあたるという点、
重油燃料が2㎘以上〜4㎘未満という点
ということで高槻市の環境アセスメントに該当するということです。

府からは事業者と高槻市との間は現在、事前協議の前の事前相談の段階という情報を高槻市よりいただいているとのこと。
これから事前協議書の提出からかなりの手続きが必要ということですので、すぐさま建設にいたるものではないということです。

以上、問い合わせにつきましてご返答させていただきます。

大阪府議会議員 池下卓

田中てつや島本町長候補さま、池下卓大阪府議会議員さま、お忙しい中でのご返信、誠にありがとうございました。

高槻市の環境アセスメントの府と異なる点についてはこちらの高槻市の環境影響評価制度HPをご参照下さい。

なお、現在「大阪維新の会」さま、松浪ケンタ衆議院議員さまからはご返信は頂いておりません。

この情報は「大阪維新の会」さまのみを通じて得たものです。
他にも市議会議員さま、他の政党さまからの情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非、ご連絡下さいませ。
よろしくお願い致します。
スポンサーサイト



検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR