Bosch Car Service 高槻オート

島本町にあるボッシュカーサービス高槻オートの整備ブログ 輸入車 国産車 ご入庫頂いたおクルマの一部ですが修理の様子などを掲載しております。

MINI クロスオーバーご入庫

MINI クロスオーバーご入庫です。

s-DSC00906.jpg
8月にブレーキ関係の交換修理でご入庫頂いたおクルマです。
今回は走行中にバッテリーの警告灯表示とかなり大きな異音が発生したとの事でした。

状態をお聞きしたところ、走行して当社にお越し頂くのは危険と判断し、加入任意保険会社のロードサービスのご利用をお勧めしました。

搬入時には警告灯表示はありませんが、恐らくベルト関連からと思われる結構な異音が生じています。

s-IMG_5742_20201207153324cfe.jpg
早速エンジンルームをチェックします。

s-IMG_5739.jpg

s-IMG_5741.jpg
エンジンルームを確認すると、ベルトの損摩耗により生じた黒い粉塵が散見されます。
各ベルトプーリーの点検を進めます。

s-IMG_5749.jpg

s-IMG_5750.jpg

s-IMG_5755.jpg
結果、右フロントタイヤハウス内のカバーからアプローチ出来るバイブレーションダンパー=クランクプーリーのゴム製のダンパー部分が完全に破断している状態でした。

s-IMG_5753.jpg
破断面には摩擦熱により溶解した痕跡があり、このままの状態で走行していればオーバーヒートなどの重大な損傷、もしくは甚大な事故に発展していた可能性もあります。

s-DSC00923.jpg

s-DSC00924.jpg

s-DSC00914.jpg
ベルトの異常摩耗により、溝部分に粉塵が溶着してしまったプーリーとテンショナーも交換となりました。

s-DSC00911.jpg
バイブレーションダンパーの破断した様子

s-DSC00916.jpg

s-DSC00917.jpg
異常摩耗したベルトの欠片

s-DSC00936.jpg
問題のバイブレーションダンパー、右が新品

s-DSC00925.jpg

s-DSC00928.jpg
左側が新品のテンショナー

s-DSC00930.jpg
左側が新品のディフレクションプーリー

s-DSC00941.jpg
取り付け後にテスト走行を行い、オルタネーター=発電機に問題が無い事を確認。
作業完了となりました。

オーナーさまは8月に正規ディーラーさまで2回目の車検をお受けになり、その際に入念なチェックを依頼さていたそうです。
にも関わらず、このような修理が発生した事に対して、かなり憤慨されているのと同時に大変失望されていらっしゃいました。

車検での点検事項のみでは、発見の難しい症状である事をご説明させては頂きましたが、同じ整備業に携わる者としても、ご納得がいかないのは十分に理解出来るところです。
正規ディーラーさまでお受けになった高額な車検に信頼を寄せておられた様子で、こちらとしましても心苦しいところです。

s-DSC00943.jpg
この度も当社にお越し頂き、誠にありがとうございました。
またのご利用をお待ちしております。

高槻・上牧・島本・水無瀬・山崎・長岡京・枚方・八幡・淀にお住まいのMINI車オーナーのみなさまは勿論、輸入車オーナーのみなさま、中古輸入車販売店でご購入された後、不具合症状にお悩みのオーナーのみなさま、信頼出来る鈑金修理工場をお探しの方、是非、お気軽にTAC高槻オートをご利用下さいませ。