Bosch Car Service 高槻オート

ボッシュカーサービス高槻オートの整備ブログ 輸入車 国産車 ご入庫頂いたおクルマの一部ですが修理の様子などを掲載しております。

レンジローバーご入庫

レンジローバーご入庫です。

s-DSC01238.jpg
エアサスからの空気漏れで車高が下がって戻らないとの事で、ご来店頂きました。

s-DSC01071.jpg
早速、足回りを確認すると、右フロントのエアサスからエア漏れを確認。
エアサス部品の交換作業にかかります。

s-DSC01072.jpg

s-DSC01073.jpg

s-DSC01074.jpg
交換完了

s-DSC01076.jpg

s-DSC01077.jpg
取り外した問題の部品

作業完了と思いきや。
さて、ここからがイギリス車のややこしいところ。

s-DSC01184.jpg
交換後にエンジン始動すると、正常な車高まで一旦は上がりますが、暫くするとゆっくりと下がってきます。
空気量を管理するユニットに問題があるのは間違いありません。

s-DSC01185.jpg
問題のユニット
4つのエアサスに送り込むコンプレッサーの作動は点検したところ問題ありません。

s-DSC01084.jpg
次に、各バルブユニットのオーリングが怪しいと思いユニットの配管側から、石鹸水を基部にかからないように気を付けながら吹きかけます。
すると、案の定、少量の泡が生じます。

配管が差し込まれている樹脂製のOリング=パッキンが劣化して、エア漏れが生じている状態
面倒ですが、怪しいので全数交換作業を行います。

これで大丈夫と安心した翌朝、また車高が下がってましたw
ユニットのOリング交換にミスが無かったかを点検するも問題無し

エアサスユニットの交換直後には良くある現象との事で、翌朝に再度チェックします。
で、残念ながら翌朝になっても同様に下がっています。

あれやこれや調べて行くと、コンプレッサーへ空気を取り込む経路にあるフィルター接続部のパッキンからのエア漏れが確認出来ました。

このパッキンを交換した翌朝。
車高は下がっておらず、問題無く正常車高をキープ。
担当整備士も一安心。

s-DSC01240.jpg

s-DSC01241.jpg

s-DSC01244.jpg

s-DSC01245.jpg
同時施工を依頼されたリヤゲートダンパーを交換
全ての作業完了です。

s-IMG_6062.jpg
この度は、おクルマの修理先に当社をお選びいただき、誠にありがとうございました。

s-IMG_6063.jpg
次回のご利用をお待ちしております。

高槻・上牧・島本・水無瀬・山崎・長岡京・枚方・八幡・淀にお住まいのレンジローバー車オーナーのみなさまは勿論、輸入車オーナーのみなさま、中古輸入車販売店でご購入された後、不具合症状にお悩みのオーナーのみなさま、是非、お気軽にTAC高槻オートをご利用下さいませ。